« 高校数学とサッカーⅡ: 守備と攻撃を再検討 | トップページ | 3・11 »

いよいよJ開幕: ①ACL勢の4クラブ

2011/03/04(金)

幾つかのクラブと数人の選手が「JリーグとACLのダブル」を狙っているように見える。(岡田武史氏がベスト4を目標にしたように)誰も負けたいとは思っていないだろうが、これは全く困難極まりないことだ。とりわけ、18J1クラブのうち半数が王座を狙える力を持っており、さらに過去の浦和レッズやガンバ大阪の例から分かるように、ACLでの成功がリーグでのパフォーマンスに影響を及ぼすのである。

 

昨シーズン、アジアとは関わりのなかった名古屋グランパスは、勝ち点10差でリーグを制した。彼らは十分な態勢を整え、恐らくは気楽に2011年のチャレンジに臨もうとしている。しかし、グランパスがどこを優先するかによって、幾つかのライバルのシーズンも大きく左右されるかもしれない。トヨタ自動車は「トヨタのクラブ」が何よりもACLを獲得してほしいと望んでいるのだろうか?

 

ガンバ大阪のファンでさえ、この関西のトップクラブが2位でシーズンを終えるとは確信できなかった。昨年は浮き沈みの激しい一年で、若返りという課題は放置された。だが、冬の移籍は効果的だったのか?欧州への移籍は間違いないだろうが、それまでは宇佐美貴史頼みだ。恐らくガンバはその経験をさらにACLに活かすべきだが、その狙いは過去2年間は裏目に出ている。

 

セレッソ大阪は通常の「2年目症候群」以上のリスクを抱えている。メンバーは昨年から厚みがなく、キープレーヤー(アドリアーノ、アマラウ、家長昭博)たちはチームを離れた。厚みのないメンバーにとってACLというさらなる要求は重荷であろう。ファンはキム・ボギョンとホドリゴ・ピンパォンがすぐに結果を出してくれることを祈るだろうが、それ以上にこの長居のクラブが怪我についての幸運を持ち続けてくれることを切実に祈ることになるだろう。

 

鹿島は昨年、彼らの基準としてはレベルの低いシーズンを送ったが、それでも天皇杯は勝ち取った。それもマルキーニョス(4年間で80ゴール)とジウトン抜きで。アントラーズは未だにいざとなれば勝利を紡ぎだすことができるのである。岩政大樹と伊野波雅彦がJ1最高の守備の要となっており、新加入のカルロン、アレックス、本田拓也にも期待は高まる。今年もまた早い段階でACLから敗退すれば、名古屋に次いで優勝する可能性が高いと言って良いだろう。

 

上記はベン・メイブリーのブログ記事「Ready to go – Part 1: The ACL quartet」からの抜粋です。全文とは英語版でお楽しみください。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/51031178

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよJ開幕: ①ACL勢の4クラブ:

コメント

コメントを書く