« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

久々のイギリスのリモコン

2008/09/30(火)

先週、しばらく国に帰ったのであるが、1週間だけでイギリスと日本の違いをいろいろと痛感させられた。当り前のことから始めると、母国ではもう外国人ではないので、短い間でも「普通の人」に戻れて良かったが、無意識に日本人になりつつあるところにも気づき、家族や友達に「今お辞儀した?!」と何回かびっくりされてしまった。時差ボケの影響で体が自動操縦になっているという言い訳で照れ隠しをしたが、本当はどんなにしんどくても、寒い気候が目覚めとなった。エアコンをつけないと寝られないほど、夜すら暑苦しい大阪の夏が終わったところだったが、ブリストル空港のターミナルビルを出ると6℃という気温には、かなりの衝撃を受けた。

 

ひょっとすると、このような寒い日々を切り抜けるために、イギリス人は日本人より豊満なお腹が備わっているかもしれない。私ももちろん、この機能を全く知らないわけではないが、帰国するたびに「1人前」という観点に驚く。タランティーノ監督のパルプ・フィクションでは、マクドナルドを指標に世界の細部が比較対照されたが、「ヘルシー」なファストフードと言われるサブウェイに寄ってみたときにも、自分のホームにした両国の相違が明らかだった。日本にも大きめのメニューもあるが、イギリスではすぐに「フットロングかね?」と聞かれる。さらに、栄養にこだわるお店として、日本では必ず「お嫌いな野菜はございませんか」を確認してもらうが、イギリスでは「サラダも入れる?」と、アプローチが微妙に違う。

 

サッカーについて内容的な対比や分析はここではしないが、とにかく、地元に最も近いプロチーム、3部のヨーヴィル・タウンのチケット情報を調べると、ゴール裏の立見席はJ1の2倍ほど、19ポンド(約3800円)の値段に尻込みし、生観戦を諦めた。比較的、下のチームに行くにもこの金額がかかるものの、赤字に陥ったクラブがしばしばあることは、イギリスサッカーの社会経済的な現状に対して憂慮すべき兆候であるが、暇な週末は久し振りにイギリスのサッカー番組を見る機会となった。イギリス国内の高級紙やあるサポーター掲示板では、サッカー報道や宣伝が大々的過ぎているという声もあり、確かに完璧なわけではないが、土日中のテレビを見ると、日本にも同じような総合的なものがあれば良いのに、という気分になった。

 

プレミアリーグの発足以来、サッカー放送権に巨額のお金を投資してきた、有力な衛星放送局のSky Sportsでは、土曜日は「Soccer AM」という、引き続き人気のワイドショーで始まる。ハイライトとコメディ、及びサッカー界や芸能界のゲストが混じり合った、楽天的な雰囲気で視聴者の目を覚ましてから、何と言ってもSky Sportsの目玉である「Soccer Saturday」の時間である。各町村のアマチュアチームまで、土曜15時キックオフという基本が長年続いており、その時間帯の生中継は禁止されているので、映像なしで試合の展開をテレビで語るというのは少し奇妙な概念かもしれないが、アナウンサたちのエネルギーやユーモアをポイントに各試合の速報を6時間にもわたり提供するこの番組は、大成功である。国営放送のBBCでも、お昼のプレビュー番組の「Football Focus」と結果速報の「Final Score」は近年の改革の中でも生き残っており、歴史が1964年まで遡る「Match of the Day」という夜のハイライト番組も依然として愛されている。生中継ももちろん、様々なディスカッション番組や24時間スポーツニュースチャネルまであるイギリスのサッカー報道は、色彩に溢れた、四六時中のものである。

 

この充実した報道の効果は何と言っても、幅広い注目を集めることにある。番組によって、分析が足りず、少し表面的なものもあるが、日本のサッカー放送は全体的に、数においても質においても遅れている。決して全員ではないが、サッカーの情熱と(さらに許し難いことに)知識にも欠けたものもあり、視聴者を感激させる想像力豊かな番組があまりない。Jリーグは確かに、イングランドのように全国の社会に深く根付いているわけではなく、視聴率が高いとは言えない状態では番組を作成する資金も入ってこない、という悪循環もあるかもしれない。しかし、材料をより創造的に使い、生中継だけではなく多様なラインアップにすると、サッカーの注目度が高まり、それこそが番組の注目度を高める、というシナジー効果も考えられる。言い方が悪いかもしれないが、「いよいよ」という単語を繰り返し言うだけでは物足りない。

 

 

*上記の「Final Score」はBBC World Newsで、日本の衛星・ケーブルテレビでも見られる。「Soccer Saturday」の中心部分(イギリス時間15時~17時)のネット中継もある。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


ACL:アジアに触れて

2008/09/26(金)

「日本のチームがACLチャンピオンにならなきゃいけない」。こう語る西野監督はもちろん、自らのチームを優勝に導こうとするが、ガンバ大阪と浦和レッズは10月に行われるAFCチャンピオンズリーグの準決勝で対戦することになっており、昨年に続き、今年の決勝戦にもJリーグから1つの代表が必ず出場権を獲得する。鹿島アントラーズはオーストラリアのアデレード・ユナイテッドに惜敗し、イングランドのように大陸NO.1を決める大会でベスト4のうち3チームを占めるチャンスは逃したが、Jリーグがより高いレベルで戦力均衡へ推移しつつあり、来年から拡大するACLでも更なる成功を期待できるだろう。

 

決勝トーナメントは先週からいよいよ開始したが、ヨーロッパ人にとっては、アジアの巨大さが浮き彫りになってきた。EUの拡大をきっかけに東ヨーロッパとの交流がどんどん進んでいるが、資本主義が根深いUEFAチャンピオンズリーグは一握りの西ヨーロッパのクラブによって独占されており、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドのサポーターがモスクワ開催の決勝戦へ行くのに約600ポンド(12万円)と片道4時間でもかかったことは、かなり例外的である。

 

それに対して、アジアというのは少し恣意的な概念とも言える、実は4つか5つの地域に成る莫大な大陸であり、サッカーの強い国はその中、東西の両極端に分布している。17日、アル・カラマとのACL準々決勝を観戦しにシリアまで行ったガンバ大阪のサポーターには、イギリス~ロシアの3倍近く、2泊3日で30万円という時間と金の投資が必要だった。しかし、UNESCO世界遺産でもある古代都市ダマスカスでは、歴史、宗教や文化が日本と全く違うことを味わえたので、少人数のガンバファンにとってそれだけの価値があっただろう。無事に帰ってきた友達も、「キリスト教の地方もあるからお酒がちゃんと飲めた」と言った時点で優先事項がばれてしまったとはいえ、ほとんど一生に一度の経験を語った。

 

このようなことには、ACLの意義があるのではないか。アジアには世界中に知られているクラブチームがあまりなく、距離と言葉という障壁も確かに高いため、FIFAクラブワールドカップの出場権が目玉になり、ACLそのものが少し軽視されやすいかもしれない。しかし、日本に来てくれた相手のサポーターと交流したり、これまで知らなかったチームとプレーに直面したりするという意味で、ACLを幸運にも様々な国に行ける選手や一部のファンだけではなく、一般のサポーターにとっても人間的且つサッカー的な異文化に触れる場にするべきである。より包括的なテレビ中継も役に立つだろうし、特に同地区同士のグループリーグでは、スタジアムで両チームのサポーターにもアピールする触れ合い活動なども行えば良い。日本のサッカーとサッカー文化を強化するポテンシャルがあるACLに対して、より多面的に注目して欲しい。

 

個人的に、ガンバ大阪の初出場(2006年)からACLにずっとこだわっているが、一番記憶に残っているのは、今年の4月のメルボルン・ビクトリー戦である。試合前、お手洗いの出口に通りがかりの外国人がいて、日本にいる外国人同士ならではの会話をすると、ビクトリーを応援するためにわざわざオーストラリアから来たことが分かった。その友達にも紹介してもらったところ、メルボルンの応援団のうち数十人はサッカーを日本や韓国を旅行するチャンスにしたようだった。試合後にも皆さんと活発なお話をしながら、日本人の子供にメルボルンのグッズを贈り一緒に記念写真を撮ったところを見て、このオーストラリア人の陽気で親切な精神に感動した。「もし決勝トーナメントでガンバ対アデレードの試合があれば、ぜひ来て下さいね。アデレードが嫌いなので、一緒にガンバを応援するから」との招待も頂いたが、お金さえあれば行きたいのに…

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


将来性の鍵を握る女性サポーター

2008/09/09(火)

別に宣伝するつもりはないが、大阪市のキタの中心部、梅田で最近オープンしたブリティッシュパブは、かなり気に入っている。普段は、外国人がよく集まるようなお店に行くのは、ギネスなどを中ジョッキでなくパイントグラスで飲みたくてたまらないときぐらいしかないが、ガンバ大阪とのタイアップ協力の一環として、試合中継を店内のテレビで観戦できるのである。スタジアムに行けない試合はパブで見るという、イギリスのスポーツ文化が恋しかった私には、大変嬉しいことである。

 

先週のナビスコカップ準々決勝の第1戦、清水エスパルス対ガンバ大阪もそこで見たが、倉田秋が決定的なチャンスを逃したときなど、後半の雰囲気が盛り上がると、サポーターの叫び声が不思議と甲高いように思われた。そこで周りを見ると、お客さんの過半数、それに最も必死に応援していたのは、女性だった。やはり、イギリスと大いに異なる、日本人サッカーファンの性別分布は、こういった飲み処にも及ぶわけである。

 

イギリス人として日本のサッカー会場に行くと、応援団は主に男性から成るが、一般のサポーターに女性や子供が多いということは一目瞭然である。プレミアリーグは家族全員で行くには極めて高いというのもあるが、イングランドの2部~4部を運営するフットボール・リーグでも、「2008年サポーターサーベイ」の記入者のうち、女性は5分の1に過ぎなかった。それに対して、Jリーグが毎年行う「スタジアム観戦者調査」の結果によると、女性の比率は2000年から4割前後、つまり、イングランドの2倍ほどで推移している。このことは、サッカーがつい最近導入された、日本の独特なスポーツ文化における興味深い社会現象である。

 

この現象の背景に様々な要因があり、完全な分析をすると論文になってしまう(実は、私の卒業論文で取り上げたテーマの1つでもある)が、野球の文化が先に定着していたことが大きいだろう。もちろん、女の人も野球を見ないわけではないが、男性のサラリーマンが仕事の後に球場に行く習慣や傾向が数十年も続いてきたので、サッカーはこういった元々の野球ファンではなく、それ以外の社会層から多くの観客を引き付けたことは言うまでもない。倫理的な面から見ても、日本の企業に深く組み込まれている上下関係は、野球の球団や各試合にも明らかであるが、サッカーは上からの指示より選手自身の判断や独創力に依存する。こうしたポイントが女性や若者にアピールしたとも考えられる。

 

このような見方は、ガンバ大阪の女性サポーター割合が特に高いということに裏付けられている。2004年~2007年のJリーグスタジアム観戦者調査の結果から平均を算出すると、ガンバでの女性比率は47%で全国平均を大幅に上回り、2004年の単年結果など、男性を超える場合もある。大阪では野球の文化がもちろん非常に根強く、オリックス・バファローズと特に阪神タイガーズが人々の情熱をかき立てスポーツ紙の見出しを独占する背景で、男性は球場から離れられないのは当然だろう。ちなみに、ヴィッセル神戸での女性比率も4割前後であるが、ホームタウンが甲子園から離れた大阪南部であるセレッソ大阪では、3割代でリーグ平均をやや下回る。

 

ヴィッセル神戸とセレッソ大阪の女性サポーター数が、J2で過ごしたシーズンに大いに下がったことは、応援団の中心が男性という証かもしれないし、プレーより好きな選手が見たい人も確かに少なくない。しかし、いわゆる「人民のスポーツ」が依然として主に男性に愛されているイギリスとは異なり、日本人サッカーファンの構成はバランスがかなりとれており、非常に良いことに違いない。社会現象として、日本のサッカーはまだ初期段階にあるが、将来の成長に伴い、男女混合は大切なベースになるだろう。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


本番を迎えるナビスコカップ

2008/09/03(水)

3日と7日に準決勝を迎える、ヤマザキナビスコカップのテンションはようやく上がってきている。グループリーグだけでも4ケ月もかかった2004年と比べればまだましかもしれないが、準々決勝の第1戦から第2戦まで5週間も間があき、第1戦の結果が思い出しにくくなるなど、この大会の断続的な日程は依然として問題である。国内大会の優先順位で、ヤマザキナビスコカップはリーグと天皇杯についで間違いなく3番目であるが、イングランドのカーリング・カップのように、何となく準決勝まで進むと決勝戦と優勝も目指して良い、という感じもする。

 

しかし、鹿島アントラーズと浦和レッズがすでに敗退した結果、ベスト4のうち3チームが久々のトロフィーを狙っており、近年のいわゆる3強で残っているのは低迷中のガンバ大阪である。リーグではトップ5との勝点差が広がっており、ACLでは得点力やフォワード陣の再編といった課題は特に露呈されやすいので、最大の優勝チャンスはナビスコカップだろう。ガンバはもちろんディフェンディングチャンピオンでもあり、2005年の決勝初進出と去年の優勝に続き、この大会での誇るべき成績を伸ばしたい。

 

ガンバと対戦する清水エスパルスは、現在リーグ14位で名目上はベスト4のうち最も弱いチームと言えるが、中断前の不調から脱しつつ、残留争いのプレッシャーからの良い気分転換を迎える。リーグ前節、首位の名古屋グランパスとの試合は惜敗したが、それまでの6試合は無敗でゴールも11取ったので、春の得点力不足の苦しみをなかったことにできたようである。Jリーグが発足した頃、清水はカップの成績が良く、199293年の連続準優勝を土台{どだい}1996年に初優勝を果たしたが、2002年のゼロックス・スーパーカップ以来、タイトルを1つも獲得していない。

 

もう1つの準決勝はリーグ優勝候補同士の争いであるが、その両チームの立候補はプレシーズンでは予想されなかった。3年前の今週、4ケ月も勝ち星がなかった大分トリニータの監督にペリクレス・シャムスカが任命され、成績をすぐに逆転させ降格からクラブを救ったが、今年も奇跡のようなシーズンを送っている。リーグでは4位まで上がっており、首位との勝点差もわずか1点しかないし、2ヶ月無敗中の大分より調子の良いチームはないとも言える。2002年に昇格した大分は、同年のJ2優勝を除き、トロフィーを1回も獲得したことがないが、今年までベスト8さえ知らなかったサポーターはこれからも未知のものを味わいたいだろう。

 

しかし、国立競技場への道に立ちはだかるのは、現在リーグ最高位を占める名古屋グランパスである。オリジナル10の1つである名古屋は、2回目のナビスコカップ優勝を果たした1999年以降、成績をなかなか上げられていなかったが、今年からドラガン・ストイコビッチが監督として古巣に戻り、見事な革新を導いてきた。浦和に楽勝したりアルビレックス新潟に負けたり、一試合ごとの内容にばらつきはあるが、8月23日の鹿島戦で示したように、いざというときは強いので、一気に上がったサポーターの期待は悲願のリーグ初優勝にとどまらず、2冠王にも目標を合わせている。

 

今年のベスト4には、どのチームとどの試合にも見どころがあるので、ここまでのラウンドもサポーターの意識や関心をなかなか盛り上げられなかったことは非常に残念に思う。代表チームの試合と重なる日程は不可避なことかもしれないが、その結果としてナビスコカップの意義に欠けたところが浮き彫りになり、大会の将来性を再考する必要があるだろう。個人的に、グループリーグを廃止しJ2クラブにも再び出場権を与えると、見慣れない対戦や完全なノックアウト制という面で魅力を増せるではないかと思うが、いずれにせよ、話題のある秋に頼り過ぎると、注目を集めることはますます難しくなっていく。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »